夫か妻のどちらかに、発達障害の疑いがあるときは(前編)

■アスペルガーから「カサンドラ」へ

自閉症は、1943年オーストラリア系アメリカ人の児童精神科医カナーによって、「情緒的交流の自閉症的障害」、早期発症型の統合失調症として、提唱された概念です。翌年、オーストラリアの小児科医アスペルガー(米国ではアスバーガー)により、「自閉的精神病質」として報告されました。ところが、戦時中のためその論文は戦勝国側では報告されませんでした。

カナーの自閉症は、対人相互反応の障害、意志伝達の著しい異常またはその発達の障害、活動と興味の発達の著しい限局を特徴とし、大多数が知的障害があったため、カナーの自閉症は知的障害があると考えられ、知的障害のない場合はまれであると考えられていました。 この後もアスペルガーの報告は幻の疾患であると考えられていました。ところが、1981年 イギリスの医師ローナウイングにより、アスペルガーの論文が再評価され、知的障害を伴わないが興味・コミュニケーションに特異性が認められる自閉症スペクトラムの一種として評価されるようになりました。

■日本での発達障害治療の広がり

このような子供達について我が国においてはいまだ診断名はなく、診断のつかない「グレーゾーン」とされていました。このころ、ウイングの論文が我々に与えた驚きは大きく、よく分かっていなかった子供達がどこに属するのか理解できるようになり、知的障害のない自閉症(高機能自閉症)特にアスペルガー症候群についての興味が強くなっていきました。2012年国立成育医療センターが子どもの病気を大人になるまで診るという国立小児病院からの発展系として開院しました。国立小児病院の児童精神科はこころの診療部になりました。このころから、通常学級に所属しているけれど、少し「変わった」子供達についての議論が深まり、発達障害と定義されるようになりました。法律的に、定義もきまり、発達障害支援法も施行され、世間的にも理解が深まり、子どもの療育が全国で始まりました。

■生活の話の中に出てこない「夫・父親」の存在

発達障害の子供達の治療をどのように行うのかはまだ手探り状態で、治療について私たちが心がけたのは、まず子どもをよくすることでした。保護者には子どもがよくなってから、アプローチするのだと決めていましたから。子どもが良くなれば、母も自分を見る余裕ができる。このようにして、母に対するサポートも軌道に乗ってきました。ここで気がついたのは父の話が全く出てこないことでした。まるでシングルマザーのように。いろいろ聞いていくととても忙しい父で、休みの日には公園に連れて行ってくれるという話でしたが、父が登場するのはこのときだけのようでした。このとき話す母の様子は、何か寂しそうでようやく生活しているかの様子でした。なぜこんなに元気がないのかと思うことがよくありました。この気づきが、カサンドラの始まりにつながっていきます。

■うつを併発する母親たち

後編につづく

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目