知っていますか?発達障害とサプリメントによる治療(2)

「発達障害とサプリメントによる治療(2)」

医療法人社団 益友会 どんぐり発達クリニック理事長
医学博士 宮尾益知


「発達障害とサプリメントによる治療(2)」
6.発達障害の治療とサプリメント
7.発達障害の治療に用いるサプリメント
①自閉症の子は、腸内環境が悪い
②ADHDを改善するオメガ3
③トラウマ、うつ病を予防するオメガ3
④ADHDを制御するホスファチジルセリン(PS)

6.発達障害の治療とサプリメント

薬物療法は、臨床現場にて使われるようになるためには、

・効果が明らかであること(75%以上の有効率)
・重篤な副作用がなく、有効性が明らかに副作用を上回っている場合

の2点が確認できた場合に、各国ごとの基準により承認されます。また、市販後の調査も義務づけられています。

そのため、医療現場においては、エビデンスが明らかでないサプリメントを使用することには抵抗がありました。特に、我が国で許可されていたサプリメントは、ビタミンB6欠乏症などに対しての使用など、あくまで必要量としての基準で設定されており、量を多く使う治療的使い方については、明らかな診断が得られなければ許可されていませんでした。一方、欧米諸国においては、有効性の報告があったり、欠乏が想定される場合には、積極的にサプリメントの投与を行い、予防的治療を行うことが推奨されています。とくに、発達障害においては、症状を緩和する薬物しかなく、治癒させる薬物があるわけではありません。そのため、海外にて有効であることが報告されているサプリメントについて文献を渉猟(しょうりょう)し、量を同定して、どんぐり発達クリニックではサプリメントも積極的に治療に加えています。

 

7.発達障害の治療に用いるサプリメント

発達障害にどのようなサプリメントを使用しているかについて述べていきます。

 ①自閉症の子は、腸内環境が悪い

我々は以前より、自閉症の子供達が視線の合わない時期から、マグネシウムとビタミンB6、乳酸菌製剤を用いており、有効な結果が得られてきました。

発達障害(自閉症、ADHD等)を有する子供達は、健全な子供達に比べ、腸内環境が悪く、善玉のバクテリアが少なく、悪玉のバクテリアとイーストの多い子供がいるといわれています。腸の表面には、網タイツのように神経が張り巡らされており、消化器の状態をモニターする役割を担っています。生物学においては、この神経網が発達進化して、中枢神経が形成されたと考えられています。このことから「腸は第二の脳」と言われるようになりました。腸内細菌は、神経伝達物質のセロトニンを合成するトリプトファンを、ビタミンB6を媒介として脳へ送り込みます。乳幼児期で、乳酸菌を投与し、腸内環境を改善すると、学童期における神経精神障害の発症のリスクを減らすことが研究で明らかにされています。また、自閉症では、慢性的な下痢や便秘を経験する可能性は、健常児より3.5倍以上高いことがわかっています。自閉症児の腸内細菌の種類は極めて乏しく、腸が病原体による攻撃の影響を受けやすくなっている可能性が明らかとなりました。

 ②ADHDを改善するオメガ3

 

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目