カサンドラ症候群(後編)―夫婦がお互いの立場になって考える―

カサンドラ症候群とは?

夫が注意すべきこと

まず、発達障害を持つ夫が、注意すべきことが一つあります。

「外の自分を家の中に持ち込まない」ということです。

家族の中で奥さんが落ち込んでいるということは、
「夫」として、奥さんへのケアが必要だ、ということになります。

会社では基本即断即決でも、家では即決してはいけません。
例えば、外から帰ってきたら、
妻が
「今日はすごく大変だったの、あなた、聞いて」
と言った時に、
「うるさいな~、会社で疲れているのに。そんな話聞いていられるか」
と夫が言ってしまったら…。

夫の立場になれば、とても忙しくて、
会社でボロボロになって帰ってきた場合、
そう言いたくなる気持ちは正しいと言えますね。

旦那さんからそういった相談があった場合は、
どんぐり発達クリニック理事長の宮尾益知院長は、
「女性が『なんとかしてよ』と言う時は、
『なんとかして』という意味じゃなくて、
『そうだったんだ、そんな大変だったんだ』と
一回妻の気持ちを受けて、
それから『わかったよ、苦労をかけてごめんね』と言った方がいい」
とアドバイスしているといいます。

また、家に帰って来たときには、
こんな風に考えてみてください、
とも話しているといいます。

「あなたは家の中の経営は、奥さんに任せています。
いわば個人商店です。
ということは、あなたは家に帰ってきたら、
個人商店の一日の経営がどうだったか、
必ず聞かなきゃいけません。それは義務です」と。

このように、義務や法律のように、
ある程度役割として理解することが大事です。

夫は「外の世界」仕事では、
何でも即決で、冷静な判断が求められます。
儲けも考えなくてはいけません。
そして、悪いことがあったら、
時に非情に切り捨てることもしければならないのです。
それが「外の世界」、「社会」です。
ところが「内の世界」、つまり、家庭の中では、
そうではありません。

切り替えられず、外の世界の
「仕事人」のまま家の中で過ごしてしまうことで、
そういった対応の夫に対して、
妻はストレスを感じ、問題が起きてしまうと言えます。

大切なことは、お互いが相手の立場になって考えること

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目