「自閉症」の始まり―カナー、アスペルガーと自閉症―

「自閉症を知ろう」

医療法人社団 益友会 どんぐり発達クリニック理事長
医学博士 宮尾益知


「自閉症」の始まりとは

いまから10年ちょっと前の話ですが、教育現場で、行動や考え方が理解されない子供達がいました。

精神科との症例検討会といった専門的な場でも、「精神疾患としても説明不能」な難治症例として紹介されていました。このような子どもや大人達について、これらの症状が「自閉症スペクトラム」と考えると理解できる、という考えが共有できるようになったのは、つい最近のことなのです。ですから、最も理解されていない人たちだと言えるかもしれません。

自閉症は、1943年オーストラリア系アメリカ人の児童精神科医カナーによって「情緒的交流の自閉症的障害」、つまり、早期発症型の統合失調症として、提唱された概念です。

翌年、オーストラリアの小児科医アスペルガー(米国ではアスバーガー)により、「自閉的精神病質」として報告されました。ところが、戦時中のため、その論文は戦勝国側では報告されませんでした。

 

カナー型自閉症とは

カナーの自閉症は、
○対人相互反応の障害
○意志伝達の著しい異常またはその発達の障害
○活動と興味の発達の著しい限局
を特徴とし、大多数が知的障害があったため、カナーの自閉症は知的障害があり、知的障害のない場合はまれであると考えられていました。この後もしばらく、アスペルガーの報告は、幻の疾患だとされていたのです。

 

アスペルガー症候群の再評価

ところが、1981年 イギリスの医師ローナウイングにより、アスペルガーの論文が再評価され、知的障害を伴わないが興味・コミュニケーションに特異性が認められる「自閉症スペクトラム」の一種として評価されるようになりました。このような子供達について、当時、我が国においては依然、診断名はなく、診断のつかない「グレーゾーン」とされていました。
このころ、ウイングの論文が我々に与えた驚きは大きく、「よく分かっていなかった子供達」が、どこに属するのか理解できるようになり、知的障害のない自閉症(高機能自閉症)、特にアスペルガー症候群についての興味が強くなっていきました。
このころ自閉症は、ずっと、「知的障害のある言葉で表現できない人たち」である、と考えられていました。

 

『自閉症だったわたしへ』の出版

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目